無骨なアイアンギアを使ってキャンプしよう!! | NOWEST CAMP ONLINE SHOP

2020/02/28 12:00


昨今のキャンプブームにはおそれいります。

あらゆるキャンパーさん達が様々な工夫を凝らし、個性的なサイトを作り上げています。

中にはどこで手に入れたの?と聞きたくなるほどの珍しいギアやアイテムを取り入れておられますよね?

それもこのキャンプブームならば当たり前なのかもしれません。

小さなガレージブランドから大手有名ブランドまで、こぞって新商品の開発に日々追われております。

もちろん我々NOWEST CAMPも例外ではありません。

が、しかし、我々はそんな風潮の中でも、あるこだわりを持っております。

それは、一点一点手作りするという事!

もちろんすべての商品をそうすることは不可能ですが、出来る限りのモノは手作りで!をモットーにしております。

特にアイアンギアに限っては工場機械ではなくすべて職人の手で加工しております。

ゆえに同じ形、同じ表情のモノはありません。ひとつひとつが世界に一つの一点物となっております。

数多の工業アウトドア製品が世に出回るなか、こうした手作り製品の希少性、ぬくもり、個性が今後大切になってくる。

我々NOWEST CAMPはそういう風に感じております。


さて、そこでご紹介したいアイテムが、こちら!

我々NOWEST CAMPの自信あふれる手作りアイアンギア「イクトミ」です


イクトミとは、ネイティブアメリカンの間で伝わる蜘蛛の精霊から名付けましたロストルです。

一つ一つ、パーツの切りだし、曲げ、溶接、熟練の溶接職人が丁寧に仕上げて造っております。


使い方といたしましては当店の「リバースピア(別売り)」と併用していただき、アイアンテーブル、ランタンなどの小物置きとしてはもちろん、ダッチオーブンなどを乗せ直火にかけて使う事も可能です。


キャンプサイトにアイアンギアが一つあるだけで雰囲気がグッと引き締まります。

また、先にも述べましたが、大量生産品とは違い、フィールドで他人とかぶる可能性もかなり低くなり、個性的なサイトを作ることができます。


こだわりのアイテムだけで作ったサイトは至福のキャンプ空間をより豊かにしてくれる事でしょう。

また、鉄というアイテムは「重い」「錆びる」などとネガティブに表現されがちですが、ダッチオーブンしかり、ジーンズや革のように育てる楽しみを与えてくれます。

それを経年劣化と呼ぶか経年変化と呼ぶかは貴方次第です。


今春、今夏のキャンプは無骨なアイアンギアを育ててみてはいかがでしょうか?


NOWEST CAMPでは様々なアイアンギアを取り扱っております。

ショップページも是非ご覧ください。